松田聖子『赤いスイートピー』に学ぶ! 聴き方の極意は、文脈を読むということ。第49回CDA資格認定2次試験 受験者の皆さんを応援しています!

  • 2016.02.22 Monday
  • 12:47
JUGEMテーマ:CDA

第49回CDA資格認定二次試験!
いよいよ、今週末ですね!

CDA資格としては、これが最後の二次試験というわけで
皆さんの意欲、気合いはムンムンな感じですね!

最後の二次試験のために、とっておきの応援メッセージ。

わたくしが通学コースで時々、お話ししているネタですが
この正念場にぜひ、ご紹介させていただきます。

---------------------------------

この季節になると、ふと、口ずさみたくなる『赤いスイートピー』。
82年1月にリリースされた、松田聖子さんの8枚目のシングルです。

楽曲そのものがステキなのですが、松田聖子さんが歌うと
ステキな楽曲のステキさが、さらに冴えますね。

この曲の詞を書いた松本隆さんによれば
聖子さんが上手いのは「文脈を歌える歌手」だから…。

声がいいとか、音程が確かとか、リズム感があるとか
そういった点で上手いのは、歌手であれば当たり前。

でも、歌詞としては語られていなくても
言葉や音符の間には、語られていない文脈があります。

言ってみれば、余白…

これを歌えるかどうかが、歌手の技量とするならば
聖子さんの歌の余白には、確かにうっとりさせられます。

ついでながら、この曲を作曲した呉田軽穂さんこと
松任谷由美さんは音程がかなり悪いけれど、聴かせますね(笑)

彼女も文脈を歌える歌手だからこそ、松本隆さんが
『赤いスイートピー』の作曲を依頼したのかもしれません。

さて、「文脈・余白を歌う」を「文脈・余白を聴く」に
変えたならば、それが、まさに傾聴の心…。

キャリアカウンセラーは、クライエントの語っていること
のみならず、語っていないことまで聴こうとするのです。

むしろ、語っていないことを聴くことこそ
傾聴といえるかもしれません。

たとえば、『赤いスイートピー』の歌詞の余白に
少女のこんな声が聴こえませんか?

春色の汽車に乗って、海に連れていってよ
たばこのにおいのシャツにそっと寄り添うから
⇒まだ、ふたりで海に行ったことないよね
⇒春になったら、絶対、連れて行ってよね
⇒あなたとならきっと、見るものすべてが春のよう
⇒砂浜を歩きながら、いつもよりくっついちゃおうかな
⇒煙草を吸うあなたの胸に、頬をうずめもいいでしょ
などなど

なぜ、知り合った日から半年すぎても
あなたって手もにぎらない
⇒そろそろ、手をつないで歩きたいんだけど…
⇒海にいったら、ファーストキッスもOKかも…
⇒あ、もしかしたら、わたしの勘違い?
⇒あなたは、わたしに恋してないの?
⇒女の子と時々、街を歩きたいだけ?
⇒そうじゃなくて、ただ、気が弱いだけだよね
⇒もどかしくて不安なの、あなた、分かってる?
などなど

クライエントは胸のうち、心のタケをすべて
語ってくれるわけではありません。

だから、キャリアカウンセラーは
クライエントを観て、聴いて、感じて
見立てをたてて、見立てを確認するわけです。

「彼と、もっと親密になりたいのですね」
「ふたりで海に行ったら、親密になれるかなって思うわけですね」
「手も握らない彼の気持ちが分からず、心配なのですね」
「愛しているならキスくらいしてよって、思っているんですね」

線路の脇のスイートピーのように、まだまだ蕾の愛…

少女のもどかしさと不安を共有しながら
見立てがずれていないか、時々、確かめながら
少女の語りをさらに促していく
その結果として、少女の心の世界を一緒に観ていく…

少女が自らの心を自己探求できるように
そして少女の成長に寄り添いながら
ただ、そこに居る営み…

それが傾聴です。

今週末の二次試験、名古屋クラスの皆さまと
受験者すべての皆さまの健闘を祈ります!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

library

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第37回CDA二次試験 ~聴くということ、ミズスマシのように~
    Pr.そのま (03/24)
  • 第39回CDA二次試験 挑戦へのエール ~聴くということは、恋のはじめと同じ…。待つことであり、受けいれることであり、許すことであるという、しんどさと闘うということですね~
    Pr.そのま (03/24)
  • 11/22 イイ夫婦の日! 第42回CDA資格二次試験受験生にも贈ります! ユーミン『ダンスのように抱き寄せたい』、共感力の結晶です(*^^)v
    Pr.そのま (03/24)
  • ソチのインタビューに学ぶ! ジャンプ女子4位の沙羅ちゃんに訊く工藤アナの言葉に優しさが…。ドキュメンタリー映画監督の榛葉さんは「言葉の選び方に品性がある」と称賛しています。
    Pr.そのま (03/24)
  • 映画に学ぶ! カウンセラーも上司も親も、善し悪しを問わずに、人に寄り添うために。芸術は善し悪しで判断をしないから…。
    そのま (03/24)
  • 第37回CDA二次試験 ~聴くということ、ミズスマシのように~
    目黒 隆司 (02/24)
  • 第39回CDA二次試験 挑戦へのエール ~聴くということは、恋のはじめと同じ…。待つことであり、受けいれることであり、許すことであるという、しんどさと闘うということですね~
    目黒 隆司 (02/23)
  • 11/22 イイ夫婦の日! 第42回CDA資格二次試験受験生にも贈ります! ユーミン『ダンスのように抱き寄せたい』、共感力の結晶です(*^^)v
    目黒 隆司 (02/23)
  • ソチのインタビューに学ぶ! ジャンプ女子4位の沙羅ちゃんに訊く工藤アナの言葉に優しさが…。ドキュメンタリー映画監督の榛葉さんは「言葉の選び方に品性がある」と称賛しています。
    目黒 隆司 (02/23)
  • 映画に学ぶ! カウンセラーも上司も親も、善し悪しを問わずに、人に寄り添うために。芸術は善し悪しで判断をしないから…。
    目黒 隆司 (02/23)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM