意味の反映

  • 2009.09.23 Wednesday
  • 09:37
JUGEMテーマ:CDA

シルバーウィークが幕を開けた土日に開催された
CDA養成講座第31回名古屋ABクラスでのこと。
それぞれのクラスとも、「意味の反映」の理解に苦しみました。

意味の反映」とは、マイクロカウンセリングの技法のひとつで
クライアントの語りの「意味」をとらえて、伝えるという技法です。
で、「意味をとらえるって、何をとらえるの?」という疑問がわきます。

よくよく振り返ってみると、「意味」という言葉の意味を
私たちは普段、あまり考えたりしないですよね。

はてなキーワードでは、次のように紹介しています。

い‐み【意味】(広辞苑より)

1. ある表現に対応し、それによって指示される内容。
 1.ある言語形式によって示され、表される内容。
   または、その指し表し方の型。わけ。「単語の?を調べる」→意義。
 2.言語・作品・行為など、何らかの表現を通して表され、
   またそこから汲み取れる、その表現のねらい・かまえ・こころ。
   「何を言いたいのか意味が分らない」

2.物事が他との連関において持つ価値や重要さ。
   「そんな事をしたって意味がない」     

Wikipediaでは、次のように説明しています。

意味
(いみ)とは、次のような概念である。
  1. 言葉単語用語など)が持っている概念のこと。
    例えば、「」は、
    音声
    的には「ア」と「メ」が組み合わさっただけのものであるが、
    そこには「から水滴が落ちてくる現象」「空から落ちてくる水滴自体」
    というような意味が備わっている。
  2. ある行動や発言が持つ必要性、もしくはそれが行われた理由のこと。
  3. ある物体システムなど)が存在する必要性や理由のこと。

50万部突破のベストセラー 「分かりやすい表現」の技術(ブルーバックス)
著者 藤沢晃治さんは、理解する技術 情報の本質が分かる (PHP新書)では、
「意味とは、同じ性質の情報をまとめたグループの共通点のこと」とのこと。

理解する技術 情報の本質が分かる (PHP新書)

wikipediaの1.で説明されているように、
人間はものごとを伝達するために、ものごとを記号化することを発明しました。
それが言葉であり、言葉という記号には、人が託した意味があるのです。

例えば、雨とか水とか、誰にとっても共通の性質をもつ物体については、
誰にとっても雨は雨、水は水と理解できますから、言葉の意味は明快です。

ところが、形のないけれども、存在するもの
例えば、命とか、真実とかいったものを表わす記号としての言葉は、
人それぞれの生育過程、教育、教養の水準によって
その理解の仕方、理解の度合いが異なった状態で理解されます。

結果的に、同じ言葉を異なった意味で使うことが起こります。

私見としては、昨今、その異なりの幅は広くなっていると感じています。
詳しくはこちらから → 人材開発プロデュース辞典

本を読む人が減っていることと関係しているかもしれません。
本を読むと、必ず、理解できない言葉が出てくるので、辞書をひきます。
すると、私たちは言葉もつ意味をひとつづつ、手にいれていくことができます。

ということは、本を読む機会が減ると、辞書をひく機会も減り、
つまるところ、言葉の意味を手に入れる機会も経るのではないでしょうか。

それは、さておき。。。

そんなわけで、クライエントの語りに含まれるどのことがらに対して
クライエントがどのような意味を託しているかは、その人にしか分かりません。
クライエントもあることがらにある意味を託していることに、
気づいていないかもしれません。たぶん、気づいていないことが多いでしょう。

Keyword Project + Psychology では、次のように解説しています。

意味の反映技法では『主観的体験の多様性』を前提としているので、
『あなたにとってその出来事はどのような意味がある のですか?
 あなたにとってその人との人間関係は価値のあるものですか?』という
質問形式を採用することが多くなる。
意味の反映技法を効果的に活用すること によって、
『クライエントにとって有意義な経験』と
『クライエントにとって無意味な経験』とが明確化されるようになり、
自分自身の感情と他者との人間関係、社会的な責務に関する「洞察」を
より深めることが出来る。

つまり、「意味の反映」とは、クライエントすら気づいていない意味に気づき、
これをクライエントに伝え示す技法といえますから、高度な技法といえますね。

マイクロカウンセリングの創始者であるアイビーは、「マイクロ技法の階層表」を
1985年に始めて発表した時、「意味の反映」を下から6番目に位置づけました。
1995年の改訂版では、下から9番目(上から4番目)に位置づけなおしています。

マイクロ技法の階層表」は、カウンセラーの訓練のためのモデルであり、
下から習得していくことが効果的とされています。
1995年版から「意味の反映」の階層を上にした理由を知りません。

先のKeyword Project + Psychologyによると、次のような説明も見られます。

一般的なカウンセリングで実施される『解釈(interpretation)』は、
アイビィが実践的な定義を行った『意味の反映技法(reflection of meaning) 』
と深い関わりがあるとされる。
 ・・・・
クライエントの精神的苦悩や不適応状況、悩み事の内容を
『言語的に再定義すること』であり、
共感的な態度を示しながら『新たな観点と認知を示唆すること』である。

きっと難しさ、習得のし難さ、それに比しての重要性をふまえて
アイビーは「意味の反映」の位置を上にあげたのではないかと推測できます。

CDAの卵の皆さん、分からなくてもがっかりしないで!
カウンセリングの体験を積む中で、「意味の反映」とは
「ああいう働きかけを意味するものなんだ!」と、実感する日が必ず来ます。

その日まで、研さん、研さん!

マイクロカウンセリング―

------------------------------------------------------------------------------

【 ARENA ADVANCEからのご案内 】
ウィルグラム活用入門セミナー
 
意志の力を育む診断ツール「ウィルグラム」!

「夢づくり、人づくり」を応援するアリーナアドヴァンスでは
キャリアを拓くための自己分析を支援するために
診断ツール「ウィルグラム」の解説法と活用法を学ぶセミナーを
開催いたします。 クラボウ人材開発部さんとの共催です!

講師:渡辺章二(クラボウ人材開発部 チーフインストラクター)
コーディネーター:犬塚尚美(弊社代表取締役 人材開発プロデューサー)

日時:2009年10月24日(土) 10:00〜18:30
会場:ダイテックサカエ会議室6階 6C(名古屋市中区錦3-22-20 )
会費:一般 29,400円(税込)
   弊社メールニュース読者 26,250円(税込)
定員:24名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

ちらしのダウンロードはこちら⇒10/24 ウィルグラム活用入門セミナー
お申込み・お問い合わせはこちらから⇒メールフォーム

*ウィルグラム認定インストラクターとしての認定をご希望の方

10/25(土)の入門セミナーご参加の後、
10/25(日)・12/13(日)についてもご受講ください。
12/13(日)の認定試験を経て、認定を受けることができます。

くわしくはこちらから⇒AAプロ講師養成スクール
お申込み・お問い合わせはこちらから⇒ メールフォーム

-----------------------------------------------------------------------------
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第37回CDA二次試験 ~聴くということ、ミズスマシのように~
    Pr.そのま (03/24)
  • 第39回CDA二次試験 挑戦へのエール ~聴くということは、恋のはじめと同じ…。待つことであり、受けいれることであり、許すことであるという、しんどさと闘うということですね~
    Pr.そのま (03/24)
  • 11/22 イイ夫婦の日! 第42回CDA資格二次試験受験生にも贈ります! ユーミン『ダンスのように抱き寄せたい』、共感力の結晶です(*^^)v
    Pr.そのま (03/24)
  • ソチのインタビューに学ぶ! ジャンプ女子4位の沙羅ちゃんに訊く工藤アナの言葉に優しさが…。ドキュメンタリー映画監督の榛葉さんは「言葉の選び方に品性がある」と称賛しています。
    Pr.そのま (03/24)
  • 映画に学ぶ! カウンセラーも上司も親も、善し悪しを問わずに、人に寄り添うために。芸術は善し悪しで判断をしないから…。
    そのま (03/24)
  • 第37回CDA二次試験 ~聴くということ、ミズスマシのように~
    目黒 隆司 (02/24)
  • 第39回CDA二次試験 挑戦へのエール ~聴くということは、恋のはじめと同じ…。待つことであり、受けいれることであり、許すことであるという、しんどさと闘うということですね~
    目黒 隆司 (02/23)
  • 11/22 イイ夫婦の日! 第42回CDA資格二次試験受験生にも贈ります! ユーミン『ダンスのように抱き寄せたい』、共感力の結晶です(*^^)v
    目黒 隆司 (02/23)
  • ソチのインタビューに学ぶ! ジャンプ女子4位の沙羅ちゃんに訊く工藤アナの言葉に優しさが…。ドキュメンタリー映画監督の榛葉さんは「言葉の選び方に品性がある」と称賛しています。
    目黒 隆司 (02/23)
  • 映画に学ぶ! カウンセラーも上司も親も、善し悪しを問わずに、人に寄り添うために。芸術は善し悪しで判断をしないから…。
    目黒 隆司 (02/23)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM