足がからまっても踊り続けるカウンセリング

  • 2010.09.21 Tuesday
  • 21:49
JUGEMテーマ:キャリアカウンセリング

34回名古屋ABクラス 第3日目を終えた翌日の
昨日から東京へ入り、スカイツリーの見える部屋に泊まって
コーチングのワークショップに参加しています。

カウンセリングについては、それなりに勉強をしてきたのに
コーチングについての勉強がやや不足しているように感じていた矢先
チーム医療さんがICC国際コーチ連盟の設立者 J・オコナー氏を招へいして
ワークショップを開催するというので、混ぜていただきました。

本日のテーマは「質問」でした。

私たちは、アル・パチーノ主演の『セント・オブ・ウーマン』をネタに
「答えはクライエントの中にあるということ」を分かち合う時間も持ちました。

アル・パチーノ演ずるフランクは、視力を失った退役軍人。
そのフランクが若い女性をエスコートして、タンゴを踊るシーンがあります。
とても見事なタンゴです。

この映画から学べることは…と、オコナーさんは言いました。
「クライエントのことを見えると、思い込んではいけない」

確かに、見えないからこそ、見ようとし、だからこそ、見える・・・
そういえば、クライエントについて見える(分かる)と思っているからこそ
見えないこと、見えなかったことって、ありますよね

クライエントのことを知っている、クライエントよりも見えている
…と勘違いするところから、カウンセリングの足はからんでいくのです。

さて、映画の話を少し続けます

タンゴを踊ろうと誘うフランクに、女性は答えます。
「タンゴを習うのを辞めたの。ステップを間違うのが怖いから。。。」
すると、フランクは言いました。

「人生に間違いはない。足がからまっても踊り続ければいい」

この殺し文句に、Pr.そのまも殺されました。

足がからまろうが、踏みとどまっていさえすれば、必ず仕切り直せる!
仕切りなおせない人生もコーチングもカウンセリングもあり得ないのです!

クライエントが見えるつもりになって、カウンセリングの足がからんだら
からんだところから、仕切り直せばいい。。。

足がからんでは仕切り直し、からんでは仕切り直しして
いつか、フランクのように、見えないものが見えるようになり
見事なタンゴが踊れるようになりましょうね。
コメント
松阪さま

技能検定はかなりハードルを高くしているようですね。
もしかしたら、CDAスタイルのカウセリングと技能検定が求めるカウンセリングのアプローチの違いも影響しているのかなぁ。

判定基準が明確にされているのでしょうか。
私も調査不足で知らないのですが、もし判定基準が示されているのなら、知りたいなぁ。。。

たまちゃん

ごめん。メールのご返信ができないままで、時々、思い出しては気になっていました。
おめでとうとお疲れさまのシェイクされた日々を踊っていらっしゃるのね。

私も夏ごろから、ご同様の毎日。

出来事的にはうまくいっているんだけど、忙しすぎて、想いの実現については足が絡まっている感じです。
いいこともたくさんあり、そこを見るようにして、自分を元気づけていますが、それも一種の逃避ですよね。
そろそろ取捨選択の時期がきているのかな。。。
30A、たかだまです。
先生、ご無沙汰しております。
初めて試験にチャレンジした昨年の秋から、
早、1年経ちました。
昨年のこの次期は、
「時間がな〜い」と言いつつも、
復習勉強にあけくれていた日々であったことを思い出します。
また、それがあったから今があるって思います。
こんな私でも、無事にCDAになってますので
受講生の皆さんもこのテスト前のラストスパートを頑張って欲しいです!


『人生に間違いはない。
足がからまっても踊り続ければいい』
この殺し文句、素敵ですね!
ほんと、最近、絡まってばかりの日々で
落ち込み気味ですが、
めげないようにしなくちゃ!

  • たかだま
  • 2010/09/28 12:18 PM
先生 私仕切りなおし始めたばかりです。
技能士だめでした。少し見えるつもりに
なってたのかも知れませんね。
だから、見えなかったのかも、、

踏みとどまって仕切り直しします。
何度も絡まるかもわかりませんが、、
踊り続けたいと思います。
  • 29A松阪
  • 2010/09/22 11:06 PM
noriちゃん

負のスパイラルですって?!
それは大変、記憶という足(脳)がからまっているのでは? 少し踊るのを休んで、みんなで遠足にでも出かけたら?

といっても、休むのも心配だよねぇ。。。

なお、スカイツリーが見えるだけで、私もご一緒している人たちもご機嫌になっています。ここは、第一ホテル両国です。
犬塚先生 こんにちわ。
東京のスカイツリーってコーヒーのCM
でテレビでみたことあります。
 毎回先生のブログの更新を楽しみにしてます。自身の中にあるおごりが目を曇らせてしまうんですよね。映画の中にもいろんなヒントが隠されているのですね。
 テストまで1カ月きりました。次長がいってました。「負のスパイラル」覚えられない、やる気になれない、やらない、もっとおぼえられない・・・!!今はテストのことで頭がいっぱいですが、どうしてCDAを目指したのかという原点を思い出しながら、自分で自分のお尻を叩きたいと思います。
 先日テレビで世界に4名だけ今までの記憶がすべてある人が紹介されました。写真のように覚えているそうです。今は羨ましいなぁと思いますが、忘れられるという才能も神様から授かったのだと思いながら頑張っていきたいとおもいます。
 
  • 名古屋33回Anori
  • 2010/09/22 6:56 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第37回CDA二次試験 ~聴くということ、ミズスマシのように~
    Pr.そのま (03/24)
  • 第39回CDA二次試験 挑戦へのエール ~聴くということは、恋のはじめと同じ…。待つことであり、受けいれることであり、許すことであるという、しんどさと闘うということですね~
    Pr.そのま (03/24)
  • 11/22 イイ夫婦の日! 第42回CDA資格二次試験受験生にも贈ります! ユーミン『ダンスのように抱き寄せたい』、共感力の結晶です(*^^)v
    Pr.そのま (03/24)
  • ソチのインタビューに学ぶ! ジャンプ女子4位の沙羅ちゃんに訊く工藤アナの言葉に優しさが…。ドキュメンタリー映画監督の榛葉さんは「言葉の選び方に品性がある」と称賛しています。
    Pr.そのま (03/24)
  • 映画に学ぶ! カウンセラーも上司も親も、善し悪しを問わずに、人に寄り添うために。芸術は善し悪しで判断をしないから…。
    そのま (03/24)
  • 第37回CDA二次試験 ~聴くということ、ミズスマシのように~
    目黒 隆司 (02/24)
  • 第39回CDA二次試験 挑戦へのエール ~聴くということは、恋のはじめと同じ…。待つことであり、受けいれることであり、許すことであるという、しんどさと闘うということですね~
    目黒 隆司 (02/23)
  • 11/22 イイ夫婦の日! 第42回CDA資格二次試験受験生にも贈ります! ユーミン『ダンスのように抱き寄せたい』、共感力の結晶です(*^^)v
    目黒 隆司 (02/23)
  • ソチのインタビューに学ぶ! ジャンプ女子4位の沙羅ちゃんに訊く工藤アナの言葉に優しさが…。ドキュメンタリー映画監督の榛葉さんは「言葉の選び方に品性がある」と称賛しています。
    目黒 隆司 (02/23)
  • 映画に学ぶ! カウンセラーも上司も親も、善し悪しを問わずに、人に寄り添うために。芸術は善し悪しで判断をしないから…。
    目黒 隆司 (02/23)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM