高野なごや塾! 心のスイッチが入る仕組みづくり

  • 2011.05.22 Sunday
  • 07:32
JUGEMテーマ:キャリア

講師はもとより経営者、管理者、組織や職場のリーダーなど
人前に立つ人、話す人のキャリアアップとスキルアップの
”場づくり”をめざしている、弊社プロ講師養成スクール。

昨日は伝説のホテリエ(ホテルマン)と呼ばれた高野登さんを囲み
「リーダー人財が育つ! 高野なごや塾」を主催いたしました。

高野さんは元ザ・リッツカールトン・ホテル&カンパニー日本支社長であり
2009年に退職して長野市長に立候補し、現職と651票の僅差にせまりました。
いわば、型破りのカリスマです。

一昨日から2日間、マネージャー役、コーディネイター役としてアテンド。
モティベーション(自分を駆り立てるもの)はあがって
テンション(気分)もあがったのか、昨夜は眠れませんでした。

今年の「高野なごや塾」のテーマは、「心のスイッチが入る仕組みづくり」

仕組みづくりがテーマなんですけれども、仕組みをつくっても
人の心にはスイッチが入らない…というお話で(笑)
リーダーとしてどうしたら、人の心にスイッチを入れられるかというと…

メンバーを信じること!

高野さん自身が、リッツ・カールトンでいかにシュルツィ社長に信じられたか
その結果として、いかに心のスイッチが入ったかを語られました。

信じるという行為はすごい!

カウンセリングをするのも、職場でリーダーシップを発揮するのも
もっとも礎となるところは同じなんですね。

ただし。。。。

いつもいつも、そんな風にクライエントや部下を信じているか
…と聞かれたら、微妙です。

もちろん、信じてはいるけれども、「条件つき」になってしまう…
こういう時は信じられるけど、こういう時は要注意とか。

高野さんは、知る人ぞ知るのカリスマなんですが
高野さんがカリスマとして、人々から愛されるのは
無条件に人を信じる胆力をもっているから…ではないかと
ふと思った、昨日の高野なごや塾でした。

プロ講師養成スクールの次のイベントは6月11~12日。

イメージの魔術師、日本でただひとりの上級イメージコンサルタント
大森ひとみ先生の「パーソナルカラー診断 プロコース」です。

自分とクライエントの「イメージデザイン」に
カラー(色)という切り口から、アプローチする方法を学びます。

就職、転職・キャリアチェンジを支援するキャリアカウンセラーには
「イメージデザイン」のスキルは、必須のスキルと個人的には考えていて
私もイメージコンサルティングの勉強を続けているところです。

今やカリスマと呼ばれる高野さんもアメリカで働いている時に
徹底的に、イメージのデザインを叩きこまれたといいます。

スピーカーとして、ステージにあがる時には
どちらの足から出たら、堂々と見えるか…というところまで
トレーニングされたのだそうです。

そんなわけで、6/11(土)~12(日)
イメージのデザインの一人者を地元 名古屋に招いて
名古屋のキャリアカウンセラーや講師のスキルアップのお手伝いして
まわりまわって、名古屋をもっとクールにできたら嬉しいです。

クールとうう言葉をここでは、「涼しい」ではなくて
「格好よいという意味で使っています。念のため…


イメージをデザインする!
【パーソナルカラー診断プロコース2日間】

■日 時:2011年6月11日(土)〜12日(日) 各10:00〜17:00
■会 場:PASONA研修室(名古屋駅上 タワーズオフィス棟42階)
■講 師:大森ひとみ
      プロ講師養成スクール スーパーヴァイザー/大森メソッド株式会社CEO
■コーディネイト:犬塚尚美 プロ講師養成スクール代表/人材開発プロデューサー
■定 員:12名 (最小実施人数6名)
■受講料:114,000円(消費税等込)
 ※教材費が別途必要となります。(事前振込9,700円(税込)当日10,500円(税込))
 ※大森メソッドの代官山のコースは15時間で、142,500円(税込)です。

■お申し込み、お問い合わせはプロ講師養成スクールまで
 

イメージのデザインは、米国大統領選挙で知られるようになりました。

そして、イメージコンサルティングとは
クライエントのイメージをデザインすることであり
「パーソナルカラー診断」は、イメージデザインに色からせまる手法
イメージコンサルティングでは、中核となるテクニックです!

カラー(色)という視覚によるインパクトを高め、効果的、戦略的に
その存在感と説得力を高めるための指導テクニックといえます!

採用面接やプレゼンテーション、商談等に挑むクライエントのイメージを
デザインするために、カラーという切り口からアプローチします。

講師の大森ひとみ先生は、外見力®で知られ、日本で唯ひとりの
上級イメージコンサルタント、かつ、国際イメージコンサルタント協会理事です。

グローバルに活躍するイメージの魔術師による、イメージコンサルタント養成の
プロコース7日間のうち「パーソナルカラー診断」(2日間)を名古屋で開講します。

■ご負担軽減!大森先生代官山サロンより時間を短縮、参加費もリーズナブルに。
■名古屋限定販売! カラー診断で必需品のプチドレープを限定販売いたします。

■お申し込み、お問い合わせはプロ講師養成スクールまで
 http://prokoushi.jp/contact.html

感情能力を磨く

  • 2011.01.29 Saturday
  • 00:14
JUGEMテーマ:人間関係

1996年にタイム誌の記者であったダニエル・ゴールマン氏の
著書「EQ こころの知能指数」が世界的にベストセラーとなり
EQ(Emotional Intelligence Quotient)、直訳すると
「感情能力指数」という概念が知られるようになりました

日本では、EQ(感情能力指数)という言葉が普及していますが
発祥地である米国では、EI(感情能力)と呼ぶほうが普通です

EI(Emotional Intelligence)理論は1990年
イェール大学心理学部教授(現イェール大学学長)のピーター・サロベイ博士と
ニューハンプシャー大学心理学部教授ジョン・メイヤー博士が提唱した理論で
サロベイ博士とメイヤー博士は、EIについて以下のように定義しています

「EIとは、情動を知覚し、思考の助けとなるよう情動を生み出し
情動や情動的知識を理解し、そして情動を管理する能力である」 

情動はもとより感情は、人の思考や行動に影響を与えるものとして
CDA養成講座でも感情について学び、技法「感情の反映」を練習します

さて、情動については、心理学、脳科学、医学、認知科学など
領域によってとらえ方が異なっていて、説明が難しいものの
感情の下位概念であり、感情に伴う心拍数の変化や
顔の表情、筋の緊張の変化、感情が生じている時に示す行動を通じて
客観的にとらえられるもの…という説明が分かりやすいと思います

※詳しくは、理化学研究所 脳科学総合研究センター公式サイトから

情動やら感情がわき起こってくることに、よい悪いはありませんが
その結果として、その時、その場にふさわしくない言動を
引き起こしてしまったら、それは困ったちゃん…ということになります

私たちは自らの情動や感動をコントロールして
その時、その場にふさわしい思考と行動を心がけたいものです

理化学研究所 脳科学総合研究センター公式サイトには
次のような一文が掲載されていて、心に響きます
--------------------------------------------------------------------
最近の世紀末的社会状況は人々に不安と欲求不満をもたらし
ストレスを増加させ、個人レベルでは情動障害、心身症などの増加
社会的には校内暴力、家庭内暴力、薬物依存、麻薬中毒などの
社会問題を生じています。このような状況下で、
情動の研究の重要性が広く認識されることを願って止みません。
--------------------------------------------------------------------

プロ講師養成スクールでは、指導者、先導者の皆さまが
ご自身の行動、思考、感情の特性に気づくことによって
より効果的なリーダーシップを発揮していただけるものと信じて
「自己診断ツールを活用してリーダー力を磨くシリーズ」を開催中です

中部経済新聞社さんとの共催で、中経リーダーズ・セミナーとしての開催です

去る1/20(水)には、第1回「行動特性を活かして、実績をあげる」が終了!
マートン博士の理論に基づく診断ツールDiSCをとおして
自らの行動特性を知り、他者との効果的なコミュニケーション法を学びました

第2回は2/15(火)、テーマは「感情能力」です!

EIの理論をベースに、ご自身の感情能力の状態を知るとともに
部下や周りの人の感情能力を見たてるノウハウを学びます

CDAの方には、更新5ポイントの証明書をお出しします
下記をご覧のうえ、お申込みをお願いたします

テーマ:感情能力を磨いて、部下を動かす

■日 時:2011年2月15日(火) 133017:30
      ※17:30からは名刺交換会

■会 場:ウィンクあいち 1601号室(予定)

■講 師:山下幸彦 株式会社グラスティ エグゼクティブコンサルタント

■コーディネイト:犬塚尚美 人材開発プロデューサー

■定 員:先着24名

■受講料:中部経済新聞読者6,000円 一般9,000円(診断ツール料含む)


※お申込みは、プロ講師養成スクール公式サイトお問い合わせから
            ↑
 *こちらをクリックしてください。申し込み欄にリンクしています。
 *セミナー名を「2/15 感情能力セミナー」とご記入ください
 *お名前、ご連絡先を必ず、ご記入ください
 *CDAの方は、CDA会員番号をご記入ください

もう一度、成人式 〜新しい自己概念の誕生〜

  • 2011.01.10 Monday
  • 21:13
JUGEMテーマ:スキルアップ

弊社主催「結果を出したい人のリーダー力を磨く2日間セミナー」が終わりました
2011年1月8〜9日、<LSTP AA版>を公開セミナーとしてリリースしたのです

構想4年、開発2年を経ての公開セミナーでのリリースというわけで
段取りを開始してから約半年、クリスマスもお正月もない年末年始を越え
心身ともに著しいストレスを抱えての開催でした

2日間の開講中も参加者の消化不良、内的な葛藤を見続けながら
教えない、答えない、気づきを待つことのもどかしさを味わい続けました

恩師の遺産といえるセミナーを引継ぎ、身の丈を越えたプロジェクトの大きさ…
いまさらながら、無謀な取り組みにチャレンジしたものだと身ぶるいをしました

けれども、終わってみて、ふりかえってみて、残ったものはただ、ただ充実感

体力も気力も限界の中、恥ずかしながらアンケートの準備を失念したものの
全員が会場の現状復帰にご協力くださり、皆さまが立ち去り難い様子で
握手したり、ハグをしたり、涙をぬぐいあったり・・・

その姿こそ、アンケートに代わる皆さんの評価であると信じ
仮に多少の社交辞令もあったとしても、それ以上の真実もあると信じ
今夜は、少しだけとっておきのワインをご褒美として味わっています

もうひとつには、講師を務めながらも、心のかたすみで
いち参加者として参加している気持ちもあり、そして分かったこと…

コピーライター、コンサルタントを経て、人材開発プロデューサーとして
独立してからもずっと、スキル、ノウハウを売り物にするエキスパート
つまり職人としてのキャリアを積み上げ、そのことを誇りにもしてきました

確かに、ある時までは確かにそうだったのかもしれません
が、いまは、経営者へとシフトしつつあることを実感しました

LSTPの考えるリーダーシップとは、ひと言にいえば「対人影響力」

その立場において、その状況において、チームとメンバーに
影響力を与えているかぎり、誰でもリーダーになれるし
誰でもリーダーシップを発揮しているわけです

ですから、新入社員でもリーダーシップを発揮できます

そして、私の場合は、人づくりの仕組みと仕掛けを創り、売る人として
リーダーシップを発揮し、様々な目標を達成している…
つまり、経営者というリーダーであることに気付いたのです

2011年、新しい年のはじめに新しい自己概念を得たことは
まるで、もう一度、成人式を迎えているかのようです

本年は、経営者という自己概念にもっと自己一致できるよう
経営者としての経験を受け入れ、ミッションを達成していきたいと思います

具体的な行動計画も描きつつありますが
それは企業秘密ということで・・・(笑)

人材育成のキャリア 〜故岡野嘉宏先生への手紙〜

  • 2011.01.07 Friday
  • 22:24
JUGEMテーマ:講師養成

先生、ご無沙汰しております

2007年5月19日に開催された中部キャリアカウンセリング研究大会で
「TAとゲシュタルトセラピーへのキャリアカウンセリングへの適用」をテーマに
出講いただいた時以来、もう4年近くも、お目にかかっていないのですね

あの年の9月、先生が沖縄で他界され、人材育成の専門家としての
手本を失った心細さをいまでも、ありありと思い出すことができます

研修やセミナーで、あるいは人材育成コンサルティングで
困難にぶつかる度に、先生ならどう対処されただろうと思い、考え
結局のところ、いまでも、亡き先生のご指導をいただいているのだと
つくづく実感し、感謝する昨今です

明日、先生が大切に育てられた略称LSTPの2日版を
リーダーシップ・スキル・プログラム・トレーニングを公開セミナーでリリース
定員満席24名の参加者の皆さまとご一緒に、学びを深めます

先生が亡くなられた直後から、先生が育てた数々のプログラムが
途絶えるのはもったいない…、社会にとって大きな損失であると信じて
LSTPをなんとか復活させたいと願ってきました

だから、奥様にお願いをし、姉弟子の伊藤啓子さんにご指導いただき
4日間で開催されていたLSTPを2日間のプログラムへとリニューアル…
しかも、2日間なりの学習効果を得られるプログラムを開発したのです

それが、<LSTP AA版>です

2009年8月には、とあるクライアントさまの理解を得て
パイロット版を実施、2年間にわたる改善、改良をすることもできました

足掛け4年…

その間、ずっと先生が側にいてくださるような気がして
困難も乗り越えることができました

ご存命中の先生のように、居眠りをしていらっしゃるのが
タヌキ寝入りでいらっしゃるのか・・・

居るようでいない、いないようで居る存在を感じながら
明日からの2日間、できることを精一杯、やりつくします
そして、できないこともできるようにステップアップします

思えば、32歳で先生とお目にかかってから20年です

私の人材育成のキャリアは先生とともに築かれてきました
そして、これからも亡き先生に問いかけをすることをとおして
自問自答しながら、この道を歩み続けていくのでしょう

先生、明日はある意味ではゴールであり
それ以上にスタートの日ともいえます

遠い空から、そっとまたたく星のように、私をお見守りください

人生を描きかえる ~いろいろなナラティブアプローチ~

  • 2010.12.30 Thursday
  • 09:19
JUGEMテーマ:スキルアップ

村上春樹訳「ティファニーで朝食を」を読み終えました

ティファニーで朝食を (新潮文庫)

昨日もご案内した公式ブログの記事につづったとおり
これまでの人生を少し描きなおそうと思いました

ビジネス書ばかり読んでいて、久かた
文学というものから遠ざかっていたことが悔やまれました

文学は、人生を見つめる時をプレゼントしてくれます

ナラティブ・アプローチというカウンセリングの分野があります
ご存じのとおり、自らの人生の物語を語りなおすアプローチです

カウンセラーの水先案内のもとで、語りなおしを行いながら
自らが認知している人生の意味づけをかえていく作業です

文学を読むことは時に、自らの認知する自らの人生や
場合によっては、自らの意味づけを変えてくれます

そして、その描きなおしによって、私たちは
もっと心豊かな人生を歩んでいけるように思えます

カウンセリング、読書…、いろいろなアプローチをとおして
自らの人生に対する意味づけを折々に見直し
必要に応じて、描きかえや描き足しの作業を行いたいものです

さて、年明けの1月から3月までの3回
中部経済新聞社さんと共催して、自己診断ツールの活用事例を
体験するセミナーを開催いたします

中経リーダーズ・セミナーとしての開催です

自己診断ツールをとおして、リーダー、指導者としての
ご自身の特徴や強み弱みをふりかえる機会にもち
必要に応じて、リーダーとしてのキャリアを描きかえたり
描き足したりしてみませんか

第1回(1/20) 行動特性を活かして、業績をあげる(DiSC) 
第2回(2/15) 感情能力を磨いて、部下を動かす(感情能力)
第3回(3/17) 意志の力を鍛えて、変革を促す(ウィルグラム)

各回とも、13:30~18:30(終了後の名刺交換含む)
会場は、名古屋駅前ウィンクあいちの予定です
会費は、一般9,000円、中部経済新聞読者6,000円

※詳しくは、プロ講師養成スクール「お知らせ」のページから
※第1回については、中経リーダーズ・セミナー公式サイトから
※お申込みも、中経リーダーズ・セミナー公式サイトから

キャリアデザインで外見力(R)

  • 2010.07.26 Monday
  • 22:17
JUGEMテーマ:プロ講師

今年度は、「伝説のセミナー」をテーマに活動しています。

私の職業アイデンティティかつ名刺の肩書は
人材開発プロデューサーなので、開業1o周年の節目に
想い出になる、記念に残る楽しいことをやってみたいのです。

そのひとつとして開催したのが、下記のセミナー…

プロ講師養成スクール 伝説のセミナー vol.2
ここから始まる自分ブランド 「人前に立つ人の外見力®を磨くセミナー」

講 師:大森ひとみ氏(株式会社大森メソッド 代表取締役兼CEO)
コーディネイター:犬塚尚美(プロ講師養成スクール 代表)
日 時:2010年7月25日(日) 10:00〜17:00
会 場:ウィンクあいち 特別会議室1308 (名古屋市中村区名駅)

おかげさまで定員満席、満足度100%(アンケート回収分)で終了しました。

主催者として、キャリア開発に関わる者としての所感を
公式ブログ「人材開発プロデュース辞典」に投稿しました。

外見の前提には、キャリアデザインがある!
と、気づけた1日でした

ぜひ、ご覧ください。 http://sonoma.ne.jp/2010/07/26/reality/ 

大森メソッドで自己効力感アップ!

  • 2010.07.01 Thursday
  • 08:44
JUGEMテーマ:講師養成
 
「自己効力感」は、CDA養成講座で学ぶSCCT(社会認知的キャリア理論)の
キー概念のひとつです。

人は「学習経験」によって、「自己効力感」や「結果期待」を形成し
「自己効力感」や「結果期待」にてらして、あることがらに興味をもったり
目標を設定したり、行動を起こすという認知の流れを示しているSCCTモデル。

したがって、「自己効力感」が高いと、人は行動を起こせる可能性が高い一方で
これが低いと、行動を起こしにくくなるというわけです。

バンデューラは、自己効力感を高める4つの要素を示しています。

1)個人的達成・・・平たく言えば成功体験、上手にできたという経験のこと
2)代理学習・・・他者の経験を観て、自分もやれる!と自信をもつこと
3)社会的説得・・・周囲の人からの励ましやサポートのこと
4)情緒的覚醒・・・生理的な反応、つまり、心身の状態がよいこと

7/25(日) 日本で唯一の状況イメージコンサルタント 大森ひとみ先生をお招きして
「人前に立つ人の外見力(R)を磨くセミナー」を開催します。

人前に立つ人には、それぞれの立場、役割、専門性があり
それに応じた期待もかけられ、これに応える責任もあります。
その責任を果たすためのビジネススキルとして、外見力(R)は不可欠!

大森メソッドは、大森先生が開発した外見力を磨くための方法です。
※ビジネススキルとしての外見力については、公式ブログから
  → http://sonoma.ne.jp/2010/06/30/gaiken_ryoku/ 

さて、外見が戦略的、効果的であれば、自信をもって人前に立てますね。
で、これはバンデューラの提示する4つの要素のうちのどれなんだろう?

バンデューラの理論では説明しにくいけれども
スーパー先生がおっしゃったように、肯定的な自己概念の形成によって
自己効力感が高まってことだろうか。。。などなど

公式ブログに記事を書きながら、真剣に考えてしまいました。
皆さんはどれにあてはまると思いますか?

---【プロ講師養成スクール セミナーのご案内】-------------------

ここから始まる自分ブランド!
人前に立つ人の外見力(R)を磨くセミナー

講師:大森ひとみ先生 コーディネイーター:犬塚尚美

日時:7/25(日) 10:00〜17:00
会場:ウィンクあいち 1308号室
参加費:一般 31,500円 関係者28,350円
※オンラインメンバーにご登録いただくと、関係者としてご参加いただけます。

自分を語る力としての外見を磨くことは、自分らしさを活かすこと…。
ご自身の魅力に気づき、これを戦略的に伝える方法を学びましょう!

※内容、プログラムの概要はこちらから http://prokoushi.jp/info.html
※ちらしはこちらから http://prokoushi.jp/fliers/arena_0725out.pdf
※お問い合わせ、お申込みはこちらから http://prokoushi.jp/contact.html

高野登さんと語ろう!

  • 2010.04.18 Sunday
  • 19:20
JUGEMテーマ:講師養成
JUGEMテーマ:プロ講師

世界のセレブリティご用達の「ザ・リッツ・カールトン・ホテル」。
その日本支社長というポジションを投げ打って、2009年10月、
長野市長選に出馬したひとりの男性をご存知ですか?

ザ・リッツ・カールトン・ホテル&リゾーツ 元日本支社長 高野登氏です。


帰ってきてくれたら、なんとかするからという知人の言葉を頼りに
出馬を決めて、故郷の選挙事務所へ入った高野さんを待っていたのは
たった7人のスタッフたち。


「ひとりで見る夢は夢に過ぎないが、みんなで見れば現実になる」という
オノ・ヨーコさんの言葉を胸に、老人ホームや障害者施設を回り続けたそうです。


政治の世界にはこれっぽちの縁もなかった、高野さんのキャリアチェンジ。
十数年来の知人として、胸にせまるものがありました。


そして、現職に651票までせまって終わった選挙選。
現在は、社会活動も視野にいれたコミュニティビジネスを展望しながら
講演活動やコンサルティングにいそしんでいます。


そんな高野さんを名古屋にお招きして、セミナーを開催します。


「人を指差しているうちはま だまだ。人を差した指が
自分に向けられた時にこそ気づきがある」という高野さん。
講演とインタヴューをとおして、管理者、育成者としての高野 登の
人材育成の哲学にも迫る3時間です。


名古屋の仲間たちにも、高野さんを紹介したい!
高野ファンならではの熱い思いで企画、主催いたします。


ぜひ、高野さんと語ってみてください!


◆ザ・リッツ・カールトンの極意! 『リーダー人材の育て方』

講師:高野 登
コーディネイター:犬塚尚美


日 時:5/22(土)13:30〜16:30
会 場:ウィンクあいち 特別会議室1301(名古屋市中村区名駅)
参加費:一般 税込15,750円 (関係者:税込13,650円)
定 員:50名


高野さんは『リッツ・カールトンが大切にする サービスを越える瞬間』
『絆を越える瞬間』などなどの著書として知られ、
横浜アリーナを沸かせたカリスマ講師です。


ホスピタリティの専門家として、リッツ・カールトンの仕組みの数々を
講演やコンサルティングで紹介し続けていますが、今回は新ネタです!


世界最高のサービスを誇るザ・リッツ・カルトン・ホテル&リゾーツの
コーポレイトユニバーシティであるリーダーシップ・センター!
そこで行われているリーダー育成プログラムの全容と内容に迫ります!!


もちろん、企業ノウハウですから、高野さんも控えめになるはず。。。

そこで、講演のみならずインタヴュー・セッションを設け
参加者の皆さまからのご質問をお受けすることにいたしました。
もう少し聞きたい、もっと知りたい点はどんどん切りこんでください。


絆が生まれる瞬間がセミナーのゴール! ぜひ、ご一緒いたしましょう。


【プログラム】

講 演:「自分が変われば、まわりが変わる」   高野登氏
1. ザ・リッツ・カールトンの羅針盤   〜クレドというマジック〜
2. 心のスイッチが入る仕組みづくり 〜リーダー人材を育てる風土〜
3. 秘蔵のノウハウ公開か!? 〜リーダーシップ・センターのプログラム〜

インタヴュー:「ザ・リッツ・カールトンの極意にせまる!」
 高野 登氏   コーディネイター:犬塚尚美(プロ講師養成スクール 代表)

 参加者の皆さまとともに、リッツ・カールトンのリーダー人材育成の極意と
 高野 登流人材育成の哲学を掘り下げる参加型のインタビュー・セッション。
 高野さんにどこまで迫れるか! コラボレーションいたしましょう!


◆お申し込みはこ ちらから
※「5/22高野登」等、セミナータイトルをご記入ください。
※お名前の他、必須項目は必ずご記入ください。
※CDAの方は会員NO、卵の方は通学コース名をお知らせください。
 関係者として、ご参加いただけます。

セミナーファシリテーションの難しさと楽しさと

  • 2010.01.11 Monday
  • 12:33
JUGEMテーマ:講師養成
JUGEMテーマ:プロ講師
 
一昨日と昨日は、2010年のセミナー始め!
チーム医療さん主催の公開セミナーにおいて
ファシリテーター兼トレーナーを務めました。

「講師・インストラクタをする人のセミナーファシリテーション実践研修」
2日間のセミナーが効果的な学びの場となり、ほっとしているところです。

このセミナーは、プロ講師養成スクールのプログラムを提供して
セミナーやワークショップなどで講師をする人のファシリテーション力
トレーニングすることを目的としたものです。

※セミナーファシリテーションについてはオフシャルブログをご欄ください。
 人材開発プロデュース事典 『セミナーファシリテーションで講師養成』

研修やワークショップなどの教育や訓練の場をファシリテーションする人を
私は「セミナーファシリテーター」と呼び、私自身も年間150日ほどを
セミナーファシリテーター(兼トレーナー)として活動しています。

CDAインストラクターとしての活動もそのひとつ。

経営コンサルタント時代から数えると20年間、独立してから10年間
本当にたくさんのグループと関わってきたものの
セミナーファシリテーターとして、100点満点の仕事をしたという
達成感を感じられることは、それほど多くはありません。

セミナーファシリテーションの極意は教えない=気づきを待つことであり
一方で、学習目標の達成にはエデュケーション(教授・指導)も必要です。
※関連記事はこちらから → 『学ぶ喜び、育てるゆとり』

セミナーファシリテーターはファシリテーションとエデュケーションの
バランスをとりながら、さらに、学びの場がよいムードであるよう
場を守ったり、創ったりしなければなりません。

また、学びの場は学習者ひとりひとり、その組み合わせ、主催者や事務局
学習のテーマ、目標、会場の環境から社会の出来事、季節、天気に至るまで
セミナーファシリテーターの力を越えた、様々な要素に影響されるものです。

どんなに精一杯、全力投球でファシリテートしてもまだまだ…
野球と同じく3割打者を維持するのがやっと、という感じです

だからこそ、極める面白さがあり、極めるための研さんの楽しさもあります。

あらゆる要素の影響を活用し、場合によってはマイナスの影響を最小限に抑え
成熟したグループを育て、そして、育てたグループのダイナミクスを活用して
メンバーひとりひとりの学びを最大限に促すには、どうしたらよいのか…

「もっともっと野球がうまくなりたい」と言うイチロウ選手のように
「もっともっとセミナーファシリテーションがうまくなりたい!」

今年も実践をとおして、自己啓発の場をとおして研さんしなければ!

今年のセミナー始めが「セミナーファシリテーション実践研修」であったことに
何かしらの啓示を感じ、その意味深さを味わっている2010年成人の日です。

今週末から、今年始めてのCDA養成講座がスタートします。
第32回名古屋A・Bクラスです。

どのようなメンバーが集い、どのようなグループへと成長するのか
グループの成長のダイナミクスを影響されて、メンバーひとりひとりが
CDAとしてどのように成長していくのか、今から楽しみでたまりません。

pr.そのまの蔵出し参考図書:
ファシリテーション入門 (日経文庫)
今すぐできる! ファシリテーション (PHPビジネス新書)
ファシリテーション 実践から学ぶスキルとこころ
ワークショップ入門 (日経文庫)
ワークショップデザイン――知をつむぐ対話の場づくりファシリテーション・スキルズ)
ファシリテーション・グラフィック―議論を「見える化」する技法 (ファシリテーション・スキルズ)

※その他のファシリテーション関連図書はこちらから 

2010年1月リリース! DVD「プロ講師養成スクール」

  • 2009.11.21 Saturday
  • 00:44
JUGEMテーマ:講師養成
JUGEMテーマ:プロ講師

今年最大の楽しくて、嬉しい仕事
それがDVD「プロ講師養成スクール ベーシックコース」の制作でした。

講師としての成功の秘訣が見つかるDVDとして、今春に企画をスタートし
やっとリリースまでこぎつけることができて、本日、先行予約が始まりました

めちゃくちゃ嬉しい!

数年前から、自分自身の成長のために、そしてリタイアに備えて
後輩の育成をめざして、'08年8月にプロ講師養成スクールを開校しました。

セミナー「ベーシックコース」は20年間にわたる講師業の経験から得た
成功のエッセンスを体系化したプログラムですが、DVD化にあたっては
その内容を独修できるよう、組み立て直すのにかなり苦労しました。

スクール開校してからの密かな夢は、修了生を1千万円プレーヤーを育てること。
(こんなにオープンにして、どこが密かなのか???)

そんなわけで、1月のリリースが決まり、本当に嬉しい!

あんまり嬉しくて、足元が浮足だっていたのか
派手にころんでしまって、ひざがとても痛い今夜です。
(ついでながら、事故の顛末はこちらです)

ひざが痛くても、きっと夢がかなうよう、いろんなことに感謝して
今夜もそろそろ、おやすみいたします

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

library

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第37回CDA二次試験 ~聴くということ、ミズスマシのように~
    Pr.そのま (03/24)
  • 第39回CDA二次試験 挑戦へのエール ~聴くということは、恋のはじめと同じ…。待つことであり、受けいれることであり、許すことであるという、しんどさと闘うということですね~
    Pr.そのま (03/24)
  • 11/22 イイ夫婦の日! 第42回CDA資格二次試験受験生にも贈ります! ユーミン『ダンスのように抱き寄せたい』、共感力の結晶です(*^^)v
    Pr.そのま (03/24)
  • ソチのインタビューに学ぶ! ジャンプ女子4位の沙羅ちゃんに訊く工藤アナの言葉に優しさが…。ドキュメンタリー映画監督の榛葉さんは「言葉の選び方に品性がある」と称賛しています。
    Pr.そのま (03/24)
  • 映画に学ぶ! カウンセラーも上司も親も、善し悪しを問わずに、人に寄り添うために。芸術は善し悪しで判断をしないから…。
    そのま (03/24)
  • 第37回CDA二次試験 ~聴くということ、ミズスマシのように~
    目黒 隆司 (02/24)
  • 第39回CDA二次試験 挑戦へのエール ~聴くということは、恋のはじめと同じ…。待つことであり、受けいれることであり、許すことであるという、しんどさと闘うということですね~
    目黒 隆司 (02/23)
  • 11/22 イイ夫婦の日! 第42回CDA資格二次試験受験生にも贈ります! ユーミン『ダンスのように抱き寄せたい』、共感力の結晶です(*^^)v
    目黒 隆司 (02/23)
  • ソチのインタビューに学ぶ! ジャンプ女子4位の沙羅ちゃんに訊く工藤アナの言葉に優しさが…。ドキュメンタリー映画監督の榛葉さんは「言葉の選び方に品性がある」と称賛しています。
    目黒 隆司 (02/23)
  • 映画に学ぶ! カウンセラーも上司も親も、善し悪しを問わずに、人に寄り添うために。芸術は善し悪しで判断をしないから…。
    目黒 隆司 (02/23)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM