花言葉は”夢叶う”! 3.11復興支援 ブルーローズ キャンペーン開始@ベストドレッサー賞授賞式

  • 2011.11.30 Wednesday
  • 19:48
JUGEMテーマ:大震災後の復興支援

本日11/30 18:00〜 一般社団法人日本メンズファッション協会が
2011年ベストドレッサー賞授賞式を開催し、授賞者は下記のとおりでした。

政治・経済部門      黒岩 祐治さん
学術・文化人部門     石田 衣良さん
スポーツ・芸能部門    吉瀬 美智子さん、東山 紀之さん、古閑 美保さん
インターナショナル部門 KARA、超新生
特別賞           テリー伊藤さん

なお、授賞式の後、ベストドレッサー賞実行委員長から
3.11復興支援事業「ブルーローズ キャンペーン」が公表されました。

同キャンペーンは東日本大震災の復興支援を目的として
一般社団法人 日本メンズファッション協会が運営する慈善事業です。

ブルーローズとは、リボンで作られた青いバラのピンバッチのこと。

今年の夏、3.11被災地の陸前高田高校と山田中学校へ
物資として寄付された制服用のシャツとともに、贈られました。

かつて、青いバラは栽培ができないと言われ、花言葉は「不可能」でした。
近年、栽培が実現してからの花言葉は「奇跡」「夢叶う」!

青いバラの衿章は「夢叶う」のメッセージとともに届けられました。

山田中学の新聞部員さんはこのバラを「希望に輝く花」として紹介しています。
以下は新聞記事からの抜粋です。

「山中に贈られたこの青いバラは全て手作りで、
 ひとりひとりの思いがつまったブルーローズだったと思う。

 この花の花言葉「夢はかなう」のように、
 私たちはいつ、どんな時でも希望をもって
 町を照らす灯りになればいいなと思った。」

                   (山田中学校学校新聞より)

キャンペーンでは、青いバラのピンバッチ(定価2500円)の収益金を
あしなが育英会をとおして被災地孤児へ寄付します。

なお、11/30 ブルーローズ キャンペーンの公表とともに
3.11復興協働アクトチーム「一緒にかんばろ〜ず!」が発足、活動を開始。

「一緒にがんばろ〜ず!」では、悠木そのまがオーガナイザーとなり
元リッツ・カールトン日本支社長 高野登さん(人とホスピタリティ研究所 代表)
梅本和比己さん(一般社団法人メンタルヘルス協会 代表理事)など
草の根活動家の皆さまとともに、キャンペーンの展開を応援いたします。

東日本の復興、日本の再生を祈って
人々の胸に青いバラが花咲く日が訪れますように…。

すべては夢からはじまる!
夢叶えるために、私たちの胸にもぜひ、青いバラを咲かせませんか!

※ご協力はこちらから ⇒ http://mfu.or.jp/

募金をすると、蒼いバラがもらえます! 3.11復興支援キャンペーン

  • 2011.11.19 Saturday
  • 10:21
JUGEMテーマ:ビジネス・カジュアルウェア

蒼いバラの募金がまもなく始まります!

今年の夏、リボンで作られた蒼いバラのピンバッチが制服のシャツに添えられて
3.11被災地の陸前高田高校と山田中学校へ贈られました。

栽培ができないと言われた頃、蒼いバラの花言葉は「不可能」でした。
近年、栽培が実現してからは「奇跡」「夢かなう」!
蒼いバラの衿章は「夢かなう」のメッセージとともに届けられました。

山田中学の新聞部員さんはこのバラを「希望に輝く花」として紹介しています。
以下は新聞記事からの抜粋です。

「山中に贈られたこの青いバラは全て手作りで、
 ひとりひとりの思いがつまったブルーローズだったと思う。

 この花の花言葉「夢はかなう」のように、
 私たちはいつ、どんな時でも希望をもって
 町を照らす灯りになればいいなと思った。」

                   (山田中学校学校新聞より)

蒼いバラのキャンペーンでは、募金をしてくださった方に
蒼いバラの衿章がプレゼントされます。
収益金はすべて、東北はじめ被災地へ。

詳しくは、11/30 募金主催団体によるキャンペーン公表後
こちらのブログでも紹介いたします。

東日本の復興、日本の再生を祈って
人々の胸に蒼いバラ、色とりどりのバラが花咲く日を夢見ています。

すべては夢からはじまる!
夢かなえるために、私たちの胸にもぜひ、バラを咲かせませんか!

※ご協力のお申込み・お問い合わせはこちらから⇒

レディースシャツブランド Pr.Sonoma 誕生! 〜いつだって、シャツからはじまるストーリーがある〜

  • 2011.11.03 Thursday
  • 12:22

Pr.Sonomaは職場や家庭で、オシャレに楽しく働きたい女性たちへ
ビジネスカジュアル&ドレスアップカジュアルを提案するシャツブランドです。

本日11月3日、2011年文化の日に、ブランドリリースをいたしました。

女性が肩をはったり、いからせたりして働く時代はもう終わりです。
70年代のウーマンリブ、80年代のお茶くみ論争を経て
92年の育児休業法施行、07年からのワークライフバランス…。

これからの女性は、職場でも家庭でも自由自在で自然体!
いつだって、どこにいたって、自分だけのストーリーをつむぎ続けています。

そこで、Pr.Sonomaは、ビジネスマン風のワイシャツではなく
職場やお出かけにも使えて、アフター5のデイナーにも着ていける
オシャレで楽しくて、楽ちんなシャツをプロデュースいたします。

公式サイトもオープン!
新春リリース予定のシャツのデザイン画も公開しています。
Pr.Sonoma公式サイトへぜひ、お越しください。ここをクリック⇒

商品のリリースは、2012年新春の予定です。

現在、6モデルのサンプルの制作を行い、生地の選定を進めています。
すべて受注制作で、おひとりひとりの個性とTPOに合わせて
モデルと生地を選んでいただきますと、フレックスジャパンさんによって
1着1着、心をこめて、丁寧に縫製されます。

新春の商品リリースまで、あと一息。

シャツからはじまるストーリー…
自分らしい働き方を楽しみづつけている女性たちとともに
新しいワークスタイルを広げてまいります。

*12/4(日)には、サンプル商品をお披露目する集まりがあります。
 下記のとおりです。

*先行のお問い合わせも受け付けています。
  お問い合わせは、運営会社 アリーナアドヴァンス お問い合わせフォームから。


【サンプル商品をお披露目する! 勉強会のご案内】-----------------

イメージデザイン講座
〜指導者・支援者のための着こなし指導法〜

ビジネスシーンにおけるイメージデザインは、今や、働く人々の
印象管理、自己表現の重要な手法として注目されています。

そこで、シャツやスーツの基本的な知識やTPOに合わせた着こなしを
シャツメーカー フレックスジャパン プレスの松井絵美さんから伺い
ビジネスシーンにおけるイメージデザイン術を検討いたします。

着こなし指導法については、プロ講師養成スクール代表 犬塚尚美が
折々に解説を加えたり、皆さまのご意見をいただいたりします。

【日 時】12月4日(日) 13時30分〜16時30分
【場 所】今池ガスビルD会議室(7F)
              http://www.gasbldg.net/access/access_imaike.html
【会 費】
プロ講師養成スクール自主研究会メンバー 2000円
CDA等を含むキャリアコンサルタント 3000円
(事前振込みの場合は 2000円:お申込受付後に振込先をご連絡いたします)
一般の方 4000円

【講 師】
松井絵美さん    フレックスジャパン株式会社 社長室 広報
<コーディネイター> 犬塚尚美 プロ講師養成スクール代表

お申込みはこちらから プロ講師養成スクール公式サイト お問い合わせ⇒

10年ごとのキャリアデザイン 〜歩き始めたPr.Sonoma〜

  • 2011.09.19 Monday
  • 09:04
JUGEMテーマ:夢づくり
 
一昨日、昨日はCDA37回ABクラスの3日目でした。

2002年10月に11回札幌コースを初めてお引き受けしてから10年…。
10月を越えると10周年になるわけです。

20歳でアルバイトを皮切りに、コピライティングの仕事を始め
30歳でコピーライターから経営コンサルタントへとキャリアチェンジ
40歳で会社を興して、翌年、人材開発プロデューサーとして独立。

ふりかえれば、10年ひと区切りで働きてきた私。
そろそろ新しいキャリアへと、シフトする時期を迎えています。

本当にたまたまの昨年、2010年春のこと

ふとしたご縁から働く女性のためのビジネスカジュアルウェアを
プロデュースしようと思い立ちました。

論語では「天命を知る」…といわれる
50歳の春でした。

それから、本業の合間に少しづつ準備を進め
9月中旬からは、今秋のブランドリリースにむけて
サイト構築、サンプル制作に拍車がかかります。

※2010年春からいままでの歩みを
 仮サイトで、公開中です。
http://arad.co.jp/sonoma/schedule.for.release.htm

この仕事が天命であるならば、これまでの仕事を統合しながら
この仕事で新しい10年を築いていくことになるばかりか
この仕事が生涯の仕事になるかもしれないのです。

がむしゃらに挑戦し続けてきた、これまでのキャリアとは違って
ほとんど経験のない世界、不安もあります。

けれども、深い縁も感じる世界…

小学生の頃、初めて夢見た職業はファッションデザイナー
若い頃の母は、ニットのデザイナー
父方の祖母の実家はタネ屋さん(蚕の養殖業)
母方の祖父は糸屋さん(紡績業)

天命にいざなわれているような
めぐりあわせを思わざるを得ません

敬愛する宇野千代さんは、40歳で出版社を創業し
60歳で倒産してしまいますが
その後、きものデザイナー、実業家として活躍し
約99年の生涯を終えました。

私も、次の節目にあたる還暦を迎えた時に
耳順(何をきいても、受け入れられる)よう
人生100年を生ききっていけるよう
天命に耳を澄ましているところです。

子曰、
吾十有五而志于学、
三十而立、
四十而不惑、
五十而知天命、
六十而耳順、
七十而従心所欲、不踰矩。

家族をつなぐキャリア物語 〜おしら様に学ぶナラティブアプローチ〜

  • 2011.03.03 Thursday
  • 23:50
JUGEMテーマ:キャリアカウンセリング

シャイン先生によるキャリア・アンカーが、起業的創造性
…というわけで、「働く女性を応援するビジネスカジュアルウェア」の
プロデュースを始めてしまった、私ことPr.そのま

柳田國男の『遠野物語』発刊100周年で、静かにもりあがる
岩手県遠野に出張した2月のこと、ゾクゾクする出逢いがありました

それは、おしら様伝説との出逢いです

ナラティブの醍醐味を知らされた出逢いであり
祖父母、母から受け継がれた家族の物語との出逢いでした

さて、おしら様とは東北地方で信仰されている神様のことで
蚕の神様、馬の神様、農業の神様といわれています

ご神体は、30センチくらいの桑の木の先に男女の顔や馬の顔を彫り
布を多数重ねて着せて、普段は、神棚や床の間にまつっているそうです

おしら様伝説のナラティブ(口承物語)は、Pr.そのまの公式サイトの記事
「柳田國男『遠野物語』発刊100年のナラティブ」をお読みください

かいつまんでしまうと、おしら様伝説には、蚕や糸や衣類が登場します

働く女性のためのアパレルブランドを立ち上げようとしている今
おしら様伝説と出逢えたのは、偶然とは思われず、ゾクゾクしました

そして、そのまパパの母方の実家はタネやさん(蚕の養殖業)
そのまママの実家は糸やさんで、マユをなべで煮て、糸をつむいでいました

そのまママはニットのデザイナーでしたし
娘であるPr.そのまは、洋服のプロデュースを始めたのです

つながっている…

おしら様伝説を聴きながら
家族がつむいできた、家族をつなぐキャリア物語があることに
気づかされて、ちょっと感慨無量でした(カタルシス!)

これって、ナラティブアプローチによるセルフキャリアカウンセリングかも
CDA養成講座流なら、「経験代謝」による「意味の出現」といえるのでしょうか

そもそも、そのまママのお父さんはお説教を専門とするお坊さんで
Pr.そのまの講師としてのキャリアは、ここからつながっていると
随分、前から気づいていました

ママ方の親戚たちが、Pr.そのまはおじいさまの血をひいていると
口をそろえて言うからです

遺伝という見方もできますが、おじいさまから継いだキャリア物語も
語られて、語ったからこそ、生まれた物語といえます

SCCT(社会認知的キャリア理論)の源流になっている
社会構成主義(social constructionism )の立場でいえば
「ことばは世界をつくる」!

おしら様のおかげで、おじいさまからのキャリア物語に加えて
三代にまたがる新しいキャリア物語が増えました

第1章、第2章…と、キャリア物語が展開している感じです

第3章や第4章も増えていって、やがて、叙事詩のような
そのま物語が生まれていくのかしら…と想像すると、ゾクゾクします

ともあれ、家族をつなぐ、世代をつなぐキャリア物語を大切にして
アパレルブランドPr.sonomaを一生懸命、育てようと決意!

遠野伝承園の「御蚕神(おしら)堂」のおしらたち様に
思わず、ガンかけをしてしまいました

お願いが成就したら、お礼に伺います!
おしら様、宜しくお願いいたします!

シャツからはじまるストーリー 〜採用面接で成功する選び方〜

  • 2011.02.04 Friday
  • 09:50
JUGEMテーマ:ビジネス・カジュアルウェア

昨日2/3は節分、旧暦のお正月。。。

そして、節分晦日(?)の2/2は、Pr.sonomaブランド立ち上げの
記念すべき、第1回打ち合わせでした

働く女性のためのビジネスカジュアルをプロデュースする
新規事業(大げさ!)のキックオフです

  昼間っから、山本屋さんのもつ煮込みを囲んで
  シャツ屋の女性社員さん2名と盛り上がりました

  シャツ屋さんとは、
  高原シャツの元祖フレックスジャパンさん

  フレックス・レディース部隊のご協力をいただき
  ちょいアッパーのシャツ&シャツジャケットなどを
  ご紹介するブランドが、Pr.sonomaなのです


私ことPr.そのまは30歳までコピライターとして広告業界の末席にいて
格好いいビジネスカジュアルを、多かれ少なかれ見てきたキャリアがあります

30歳からは、経営コンサルタント、人材開発プロデューサーとして
男性社会にフィットしながら、女性らしさもきちんとPRするような
スーツ&シャツの着まわしを、実践でトレーニングしてきたつもりです

そんなPr.そのまにとって、このところ、女性誌もシャツ特集を組み
シャツに注目が集まりつつあるのは、歓迎すべき現象!

だって、これまでのシャツ選びの典型的なパターンは
就活…だったと思うのです

採用面接を意識して、スーツはそれなりに意識して選ぶものの
シャツは販売員さんのお奨めにしたがって、白で無難なスタイルを
あっけなく、あっさり選ぶ…

採用面接官をすることもあるPr.そのまから見ると
黒のスーツに、スキッパー衿の白シャツ…というスタイルでは
個性を表現する意欲を感じられなくて、がっかりです

もちろん、色ものを着るという冒険はしにくいでしょうが
同じ白シャツでも、白のトーンは少しづつ異なりますから
顔色を引き立てる白を選んで欲しいものです

Pr.そのまは真っ白より、オフホワイトのほうが似合いますし
蓮ほう大臣はたぶん、真っ白なシャツのほうが似合うと思います

Pr.そのまのパーソナルカラーはアーリーサマー(初夏)
れんほう大臣はきっと、ウィンター(冬)だからです

色の話しはさておき、スーツからほんの少しのぞく
シャツの衿の形や高さ、カフスの形、長さなどなど・・・

仕立ての良い、白いシャツで、かつ、顔色、顔立ちをひきたてる
シャツを着れば、印象がよくなり、面接でのアドバンテージを得られます

絵(顔)を飾る額縁を選ぶつもりで、シャツを選んで欲しい…
と、採用面接官をする度に思うのは、本末転倒かしら(笑)

とにかく、シャツ大好きのPr.そのまとしては
シャツをもっと楽しんで欲しいし、シャツは遊べるアイテムだと思うのです

そんなわけで、Pr.sonomaブランドでは、製品情報のみならず
シャツの情報とともに、シャツを楽しむライフスタイルも提案します

もちろん、採用面接やプレゼンテーションなど、勝負場面での
シャツの活用術についても、チャレンジな提言をしてみたりします

型破りなスタイルで
これまでをやってきましたから…

ご一緒するフレックスジャパンさんのシャツは
仕立てがとてもキレイで、高級感があります

その高級感を活かして、ちょいアッパーな
シャツやシャツジャケットをはじめ
働く女性のビジネスカジュアルウェアの世界を
提案していくつもりです

まずは、春の試作品の制作からスタートしました

シャツは、フレックスさんのパターンにない
ボディスタイルの制作をお願いして、生地見本から生地を選んで
JATTS(シャツジャケット)とベストのコーディネイトを決めて…

あとは、試作品を待つばかり…
仕上がったら、お知らせしますね

今年の元旦は仕事に追われて、お屠蘇を飲みながら
パソコンを打っていたのが、日常と異なっていましたものの
まったくお正月らしくないお正月でした

新しいプロジェクトが動き出して、昨日の節分=旧正月が
Pr.そのまにとっては、まさに新年、元旦の気分!

アパレルブランドのプロデュースは言ってみれば
Pr.そのまの新しいキャリアのプロデュースともいえます

シャツからはじまるストーリー・・・

CDA社中からのアイデア、ご意見も毎日、募集します!
Pr.sonomaブランドとPr.そのまの新しいキャリアのプロデュースに
ぜひ、ご参加を!

そのまワールドをご一緒してください!

JATTSで創る夢の王国 〜Pr.sonomaの新しいキャリア〜

  • 2010.12.16 Thursday
  • 23:10
JUGEMテーマ:キャリア

働く女性のためのビジネス・カジュアルウェアを創りたい!

今年は、新しい夢が生まれた記念すべき年でした
すべては夢からはじまるですから、すでに夢は実現に向かって動いています

 その第1歩ともいえる、作品が仕上がりました
 レディースのJATTS、Pr.sonoma仕様の
 第一作目です

 「JATTS(ジャッツ)」とは、
 シャツ素材で作る新感覚のジャケット
 高原シャツのフレックスジャパンさんが
 メンズのクールビズ商品として開発されました

 私もメンズの生地見本から
 パープルの生地を選び、雰囲気に合わせて
 ボタンを探してもらいました


そうやって、時間と手間のかかった
特別なJATTSですから、感激もひとしお…

イメージコンサルティングをお願いしている
大森ひとみ先生にもお見せしたところ
生地の色、風合い、そして、ボタンも ほめてくださいました

レディースJATTSとのご縁は今年の春…

友人であるシャツ屋さんから、銀座の百貨店で
レディースのJATTSを期間販売するので
仕立ててみてもらえないか、と頼まれたのです

残念なことに、期間中に銀座に出かけられず
JATTSを仕立てることはできませんでしたが
今夏、レィデースJATTSの展開を担当されている女性が
弊社のセミナーに参加されたのを機に
JATTSを仕立てていだくことになりました

仕上がったジャッツが手元に届いたのは8月下旬
とても軽くて、腕や肩の動きが自由です

仕事がらスーツを手放せませんが、その重さと窮屈さに
いまだに慣れることができません
でも、JATTSなら肩こりからも解放されそう!

この快適さに思わず、欲張りな気持ちがむくむくと…
肩肘はらずに着られるJATTSを
働く女性たちにどんどん着て欲しい!

さかのぼれば、加州に出張した折
現地のビジネスパーソンの装いには、本当に驚いたものです

週末ではなくても、仕事場でもビジネスカジュアル!
だからといって、だらしないわけではない

太陽ぎらぎらの加州だから…といえば、それまですが
日本でも、メディア関連の業界ではほぼビジネスカジュアルです

コピーライターをしていた時期もあって
ビジネスカジュアルには慣れ親しんでいることもあり
このスタイルをもっと、ビジネスシーンの定番にしたい!

そうすれば、プレゼンやらオフィシャルなミーティングやらでの
勝負スタイルももっと際立つというものです

ビジネスパーソンらしくて、気取らなくて、でも、品のよいビジネスカジュアル…
働く女性のためのそんなアイテムがあったら、着てみたいと思いませんか!

すべては夢からはじまる…
すべてはすでにはじまりました

ふと思い立った、あの8月の後、11月1日の誕生日をはさんで
生地を選び、ボタンを探してもらって、仕上がったパープルのJATTS…

嬉しくてたまらなくて、作品No.1の色合いと素材にあうパンツを
その日のうちに買いました

好みの仕様にするために、いくつかの課題も見つかりましたが
とにかく、私にとってもは意味深い作品NO.1のJATTSです

働く女性のためのビジネスカジュアルを提案する
…という夢がよちよちと歩き始めました

次は、Pr.sonomaのタグのデザインに入ります

街はまもなく、クリスマス
新しい年は、新しいキャリアの予感でいっぱいです

PS.
レディースJATTSの店頭販売は春からとか…
その前に、どうしても手に入れたい方はこっそりと
こちら Pr.sonoma までお知らせください

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

library

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第37回CDA二次試験 ~聴くということ、ミズスマシのように~
    Pr.そのま (03/24)
  • 第39回CDA二次試験 挑戦へのエール ~聴くということは、恋のはじめと同じ…。待つことであり、受けいれることであり、許すことであるという、しんどさと闘うということですね~
    Pr.そのま (03/24)
  • 11/22 イイ夫婦の日! 第42回CDA資格二次試験受験生にも贈ります! ユーミン『ダンスのように抱き寄せたい』、共感力の結晶です(*^^)v
    Pr.そのま (03/24)
  • ソチのインタビューに学ぶ! ジャンプ女子4位の沙羅ちゃんに訊く工藤アナの言葉に優しさが…。ドキュメンタリー映画監督の榛葉さんは「言葉の選び方に品性がある」と称賛しています。
    Pr.そのま (03/24)
  • 映画に学ぶ! カウンセラーも上司も親も、善し悪しを問わずに、人に寄り添うために。芸術は善し悪しで判断をしないから…。
    そのま (03/24)
  • 第37回CDA二次試験 ~聴くということ、ミズスマシのように~
    目黒 隆司 (02/24)
  • 第39回CDA二次試験 挑戦へのエール ~聴くということは、恋のはじめと同じ…。待つことであり、受けいれることであり、許すことであるという、しんどさと闘うということですね~
    目黒 隆司 (02/23)
  • 11/22 イイ夫婦の日! 第42回CDA資格二次試験受験生にも贈ります! ユーミン『ダンスのように抱き寄せたい』、共感力の結晶です(*^^)v
    目黒 隆司 (02/23)
  • ソチのインタビューに学ぶ! ジャンプ女子4位の沙羅ちゃんに訊く工藤アナの言葉に優しさが…。ドキュメンタリー映画監督の榛葉さんは「言葉の選び方に品性がある」と称賛しています。
    目黒 隆司 (02/23)
  • 映画に学ぶ! カウンセラーも上司も親も、善し悪しを問わずに、人に寄り添うために。芸術は善し悪しで判断をしないから…。
    目黒 隆司 (02/23)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM